礼金によって違う家賃

家探しは不動産業者のところへ

賃貸の家賃は礼金によって違う

賃貸を借りるときに少しでも家賃の負担を少なくしたいときには礼金に注目したほうがよいです。礼金は戻ってこないため家賃換算して考えることで同じになります。家賃として考えると礼金はかなり重要になります。家賃が少し高いと感じていて交渉が難しいときも、礼金の方を少し安く交渉できることで毎月の家賃が削減できるのと同じことになります。例えば礼金を含めて実質家賃13万円でも、賃貸の礼金が3,000円でも下がると家賃は12万7000円になります。家賃は無理でも礼金だけでも交渉してみるのも一つの方法です。

↑PAGE TOP