生理中の動悸にPMS治療

生理中の動悸改善にPMS治療

PMS治療で生理中の動悸を改善

PR:PMSの治療

私は、今年看護師1年目の23歳です。学生時代から憧れていた看護の仕事にようやく就くことができ、やりがいを感じながら日々の仕事に励んでいます。しかし最近は、突然激しい動悸に襲われてしまうことが増え、困っています。

周りからは動悸の原因として「興奮状態や緊張状態が続いていると動悸が起こるらしい」、「カフェインやアルコールを摂り過ぎるとよくないんだよ」と指摘されましたが、自分の生活を振り返ってみても思い当たる節はありません。具体的な理由が不明なまま、学生時代から数年に渡って悩まされています。

学生時代は、突然動悸が起こってもすぐに休んだり座り込んで落ち着くのを待ったりすることで、何とか対処できていました。しかし仕事をはじめてからは自分のぺースで休むことはできないため、早急にどうにか改善しなければいけません。

周りに指摘されたことだけでなく、動悸の原因をさらに深く調べてみたところ「PMS」の可能性が出てきました。PMSとは、月経前症候群とも呼ばれる、生理前に起こる心身の変化のことです。これまでは特に意識していなかったのですが、思い返してみると動悸で悩まされる時期は、生理の周期と同じタイミングでした。

PMSの症状は軽度なものから重度なものまで、人によってさまざまだそうですが、私の場合は重度な部類。動悸のほかにも精神的に不安定になり毎日の生活にも支障をきたしているので、なんとかしてPMS症状を改善したいと考えています。

生理中の動悸を治す方法をさらに調べてみたところ「バランスの良い食生活に切り替える」「適度な運動を行う」などの方法が出てきました。これらはもちろん大切なポイントですし、しっかり実践していきたいのですが、一方でセルフケアだけで重い症状が改善されるのだろうかと、不安が残りました。

そんなとき、症状が重い人向けにPMS治療を行っている医療機関の存在を知りました。PMSには色々な改善策がありますが、あらゆる方法をやみくもに試すのは不安だったので、専門医の方と相談しながら自分に合ったやり方を選ぶのが一番だと思い医療機関によるPMS治療を選びました。

医療機関の中でも、どの科を選ぶかによって提案される治療方法は異なります。例えば産婦人科ならば、女性ホルモンに焦点を当て、ホルモンバランスの改善に効果的な治療を受けることができます。精神科や心療内科ならば、特に気持ちの揺れからアプローチしていきます。生理周期が安定していない人は前者、イライラや不安に悩まされる人は後者など、自分に合わせて医療機関を選ぶ必要があります。

私の場合、生理中の情緒不安定は長年の悩みだったため解決したいという思いがありました。もちろん、PMSを改善するためには根本の解決としてホルモンバランスの乱れについて向き合わねばいけません。

医療機関ならば、こうした一人ひとりの悩みをカウンセリングした上で効果的な改善策を提案してくれます。「PMS治療を行いたいけれど、現在妊活中…」など、別の悩みを抱えている場合にも、副作用がなく、身体に負担のかからない方法を相談できます。

一人で行う生活習慣の改善だけだと三日坊主になってしまう不安もありますが、医療機関でのPMS治療ならばその心配もありません。PMSによる動悸をはじめとした、日常生活の苦しさや不安を確実に解消したいという思いから、医療機関でのPMS治療を選びました。

Copyright © 生理中の動悸改善にPMS治療 All rights reserved